So-net無料ブログ作成
検索選択

これはFXの裏ワザではありません、普通の人なら絶対にしない反則技です。無料公開中 [ビジネス]

このような「投資手法」がこの世に存在したとすると、
あなたはどうやって「平常心」を保ちますか?

BIG TOMORROW、FX攻略ドットコムなどに取り上げられる
カリスマFXトレーダー相良優年が教える
全く新しいFXの反則技


・1回10分の発注作業を繰り返すだけで月収20万円~100万円

・飽和などありえない”参加者全員”に安定収入を生み出し続ける手法

・高確率の取引タイミングだけが自動でわかる鉄板トレードが可能

・5万円からでも十分な利益を狙える

・裁量が一切、全く必要ない

・リスク管理と利益管理が徹底された手法



⇒ 全く新しいFXの反則技


これは今までのFX手法とは全く違います。テクニカルやチャート分析、
裁量決済など全く必要としない手法と言います。

一言でいうと「統計学的確率論手法」です。
それもスマホ1台で可能な手法です。そして1回の取引にかかる時間はわずか10分。

内容を超簡単にご説明しますと、
ターゲットとする通貨ペアの「莫大な過去のデータ」を汲み取ってきて
唯の1滴も漏らさず抽出します。

そのデータを統計学に則って分析し、確率の高いタイミングを計ります。
それだけではありません。そこから期待値の高いポイントで淡々と売買をする

・・・という

手法です。

お分かりですか?

「勝つ確率の高いタイミング」の抽出ができれば、
あとは期待値を高めるスパイスをかけたストラテジーどおりに機械的に売買
すれば良いだけなのです。

よってチャートに向かってトレードを行う必要はありません。
こうやって聞くと「統計学的確率論手法」なんて結構簡単な手法だと
お感じになったやも知れませんが

一言で統計と言ってもその奥はとてつもなく深く、
統計をここまで掘り下げるのかと驚かれるかもしれません。

たとえばアノマリーという言葉がありますよね?

これはなぜそう動くのかはわからないけど、
なぜかその時が来ると市場が前もって決められたように動く傾向のことを言います。
例えば株式市場では魔の水曜日というアノマリーがあります。


これはなにかというとSQ値の算出がある週の水曜日は相場が荒れやすい、
下げやすいと言われます。魔の水曜日などという、さも恐ろしい名前がついています。


こういった現象も突き詰めて統計を取っていくことができます。

なぜそう動くのかはわからなかったとしても統計上
こうなればこうなるということさえ分かればトレードに使えるのです。


実際にプログラム売買を行うヘッジファンドでは
積極的に様々な事象を統計学的に分析して使っています。

ただし、その中身は完全にブラックボックスで一般の投資家に知るすべはありません。
最近では統計学に基づいたビッグデーターの利用も広く行われています。


こういったことからも統計学の優位性は理解できると思いますが
そもそも有名大学の理系出身で暗号の研究なんかもしていた

IQの高い相良さんだからできた手法だと言えます。

でも安心してください。自動ツールも作ってくれましたので
そのツールに任せておけば良いという格好になります。

テクニカルチャートなどは一切使いません。

もちろん、ファダメンタルズも一切関係ありません。

テクニカルでもファンダメンタルでも無いとお考えください。

⇒ 全く新しいFXの反則技
統計学に基づき、

分析ツールを利用して出た

ストラテジーどおりに
売買を行えばよいということになります。


したがって、
相場での「経験」、政治経済の「知識」など必要無し
運も能力もセンスも必要ありません。

ですので、投資の初心者も経験者も同様にすぐに収益を上げることができていますし

サラリーマンや主婦の方でも問題ありません。

「トレードにかかる時間」は、1日10分だけ。

もちろん、
パソコンだけでなく、
スマホで売買していただいても結構です

⇒ 全く新しいFXの反則技
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。